コース紹介

医進コース中高6年一貫

独自のカリキュラムで医師としての倫理観・使命感も養う

国公立大学医学系受験に必要な理科3科目を取り入れた独自のカリキュラムを中学からスタートします。より深い知識と考える姿勢を身につけ、医学系進学を目指します。また、学力面だけでなく、医師に必要な“志の教育”をも重視し、倫理観を養う研修や医療現場を体験する機会を設け、使命感や責任感の強い、社会に役立つ医師として活躍できる人物を育てます。

医進コースのポイント

POINT1

生命倫理・バイオをはじめ幅広い視野から体験型授業を実施

生命とは何かを倫理・科学の両面から深く考えることのできる研修、医学部在籍の卒業生や現役の医師を交えたセミナー、大学からの「出前実験講座」を実施します。多角的な体験を通して、自らの目的を明確化し、医師の素養を育みます。

POINT2

医学系入試に必要な理科3科目のカリキュラム

6年一貫プログラムの中で、国公立大学医学部医学科受験に必要な理科3科目(物理・化学・生物)を無理なく学べます。ゆとりある時間の中で行われる授業において、実験等を多く取り入れることで、より深くより高い内容を実践します。

POINT3

医学系現役合格にむけた充実の特別補習を実施

高校2・3年では、過去の入試問題演習を中心に、医学部医学科2次試験のための特別補習を開講します。これまで多くの医学部進学者を育ててきた経験と実績による確かな指導で、受験本番での実力を身につけます。

MESSAGE FROM TEACHER

工藤 博幸 教諭(理科(化学)担当)

実験を通して、こころとカラダで医師としての使命感を感じ取って欲しい。工藤 博幸 教諭(理科(化学)担当)

理科は、医学部の受験には欠かせない大事な科目。理論から入ると、どうしても苦手意識が芽生えてしまいます。それを克服するために、毎回工夫をこらした実験で学習意欲を高めています。目に焼きつけ、肌で感じ、カラダで覚えることで、科学の意外性や不思議さに興味がどんどん膨らみます。その探求心を大切にし、医学に携わる人間としての資質を磨いて欲しいと思っています。