ニュース&トピックス

ニュース&トピックス

第26回矢田山縦走を行いました

  • 第26回矢田山縦走を行いました
  • 第26回矢田山縦走を行いました
  • 第26回矢田山縦走を行いました
  • 第26回矢田山縦走を行いました

雪で延期となっていました本校の名物・伝統行事「第26回矢田山縦走」を開催し、中学1年生から高校2年生までの約900人の生徒が、約12キロの自然豊かな矢田山の山道を駆け抜けました。

開会式後、全員でラジオ体操をしてから、9時30分、生徒会が手作りした応援フラッグを手に、応援に駆けつけてくれた保護者や教職員が見守る中、学年ごと1クラスずつ時間差で、総合グラウンドをスタートしました。

最初の難関は、日本最古の厄除霊場・松尾寺まで続く急な上り坂。これで終わりかと思えばここから山道の始まりです。雪がうっすら残る矢田丘稜を縦走して子どもの森(遊びの森)で折り返し、東明寺から矢田寺へ通る裾野道を駆け抜けます。山道のアップダウン、矢田寺を過ぎて現れる階段など、いくつもの関門を乗り越えて、ランナーたちはただひたすらにゴールを目指しました。

今大会のベスト記録は、陸上部の吉村雄一郎君(高2)の53分10秒でした。「昨年の記録を上回るようベストを尽くしました。この勢いで、今年の夏もインターハイ出場を目指してがんばります」と今後に向けての意気込みを語りました。

剣道部の小山広介君(高2)と松村一毅君(高2)は、「最後の矢田縦も忍耐! 走り切った!!」「できることをやった」と吉村君を囲みながら、語り合っていました。

保護者の皆様だけでなく、地元の方々にもご声援をいただきました。心より御礼申し上げます。

  • 矢田山縦走