図書館

図書館

 図書館には約50,000冊の図書を所蔵しています。新刊書は約100冊程度、購入し増冊しています。図書館に入れて欲しい本がある場合は、入口横のリクエストノートに必要事項を書いてください。 図書担当教員や図書委員で検討して、購入の手続きをします。図書館が、生徒のみなさんの好奇心・探究心を深める一助となればと思っています。ぜひ積極的に活用してください。

図書館における取組

 図書館はどの教室からもアクセスしやすい校舎の中心部分に設置され、図書はすべてデータ化されiPadで検索ができ、本がどこに収められているかすぐわかります。開放的な閲覧スペースと、自習のキャレル室が設けられており、目的に合わせた使い分けがされています。 また、蔵書に新しく「英語多読図書」「問題集・参考書」「東大京大一般教養図書」を加え、図書の選択肢の幅を広げました。英語の多読授業は、本校では2009年から実施し、中2から高1までの3学年が週1回、英語の多読を図書館でおこなっています。

校舎改築時の図書館 英語多読授業の様子
(現在の図書館) (英語多読授業の様子)

図書委員会

 図書委員会は、生徒会の専門委員会の一つとして、校内の図書館運営に携わっています。2008年から『奈良学の100冊わたしの1冊』という読書案内の冊子を制作し、2018年に第5集を制作しました。 図書委員が中心となって制作し、学校見学会などを通して校外への配布をおこなっています。ビブリオバトルは2016年から校内で実施しており、今までに9回実施しています。

ビブリオバトルとは・・・みんなで集まって5分で本を紹介し、読みたくなった本を投票して決めるというゲーム感覚を取り入れた「書評合戦」です。

奈良学の100冊 第5集 ビブリオバトルの様子
(奈良学の100冊 第5集) (ビブリオバトルの様子)

 例年おこなわれている学校見学会では、見学者に図書館の説明をおこない、校内の誘導にも協力してくれています。学校生活の中で、図書委員会においても生徒が主体となって活躍できる環境が整っています。様々な体験活動を通して多くのことを学んでほしいと考えています。また、自校の活動だけでは、閉鎖的な活動になりがちな図書委員会ですが、そんな状況を打破するべく、2019年からは他府県の他校の図書委員との交流会に参加しました。

学校見学会での図書委員による説明 図書委員会の様子
(学校見学会での図書委員による説明) (図書委員会の様子)
他校との交流会で発表する様子 交流会の様子
(他校との交流会で発表する様子) (交流会の様子)

図書館だより